Top
2011/03/11 東日本大震災
毎日が必死で混乱していたので思い出せる範囲で。




3月11日 パン屋から帰宅。お昼ご飯を食べそろそろ昼寝かなあと思ったところに緊急地震速報。
あっという間にテレビも警報機も停電で消えちゃってガラスの割れる音、何かが倒れる音、長い長い大きな揺れ。グシャって音とガシャンガシャンって音の他は目をつぶっていたせいもあってあんまりよく覚えてない。
b0197098_10471766.jpg
リビングの食器棚
b0197098_10471393.jpg
台所 我が家の被害はこれだけ。食器がほとんどと食器棚(小)が壊れただけで倒れた家具もなし。


揺れがおさまったかどうかも判らなかったけどとりあえず外に出ようと前々日から準備してあったバックだけ持って1階に下りる。(カメラ・現金・懐中電灯・保険証とかだったかなあ)
管理棟の前にたくさんの人が集まっていて次々に起きる余震が怖い上に雪まで降ってくる。
携帯なんか通じないし娘が帰ってくるかもしれないしマンションから離れる事が出来ず30分くらい経ってたのかな?旦那の車が入ってくるのが見えたので駆け寄る。すぐに娘の学校へ。
学校へ付いたら親が迎えに来た子来ない子関係なく下校の指示が出たところだったらしく娘たちの集団にタイミング良く逢えた。お友達3人も一緒に来たいと言うので其々のお家に送る・・・・つもりがなかなか難しくって。
一人の子は途中でお母さんに引き渡せたものの後の二人はなかなかお母さんに逢えずお互いかなり気をもんだはず。結局避難所になってた市民センターで逢う事が出来たんだけど。緊急時の集合場所を決めておくって本当に大事。家族を探して精神的にも時間も体力も、もの凄く消耗したと思う。

このまま市民センターに避難することに決め 着替えや必要なものをとりに自宅に戻る。余震が怖くって落ち着いて荷物の準備も出来ない。慌ててとりあえず思いつくものだけ持ち出す。
市民センターの和室に入れたので毛布1枚ずつでもなんとか寝れたけど寒かったー。体育館だったら寒さはこんなもんじゃないよね。夜はアルファ米のわかめご飯を少しずつ。お腹はすいていたけどそんなことよりも不安の方が大きくて空腹は気にならず。
情報が全然ない中、携帯の充電がなくなってしまう事を心配しながら携帯でテレビを観て津波の事を知り愕然。すぐそばまで津波が来ていた事も知る。

3月12日 朝食アルファ米のおにぎり1つ 
市民センターは水道が使えたのでトイレも気にせず使えた。発電機を使って灯りもなんとかあったので自宅にいるより怖くなかった。たくさんの人と一緒にいるって安心感も大きかったしヽ(´∀`)ノ
旦那の会社に行きガソリンを少し調達出来た。また自宅に戻り何か食べられるものがないか食料調達。
夜は一緒に避難していた娘の友達母の会社へお邪魔してカップラーメンを食べる。発電機が使えてお湯を沸かしたり炊飯していたのでご飯を炊かせてもらっておにぎりにし翌日ご飯確保。

3月13日 娘の14歳の誕生日。
朝食アルファ米のおにぎり1つ+前日作ったおにぎりとインスタントのお味噌汁 暖かいお味噌汁はとっても美味しかった!
市民センターでは物資が届かず「食料も燃料も底をついたので食事はもう出せないかも」とのお話があった。
実家の方は電気・水道が戻り片付けをしているとのことだったので長町へ。想像していたよりはマシな状態にはなってたけど大きな食器戸棚がダイニングテーブルの上に折れて乗っかっていた。箪笥もテレビも倒れたとのことだったが起こしてあったので想像よりはマシw 母が準備しておいてくれた誕生日プレゼントを受け取る娘。散々な誕生日になっちゃったね・・・…(´Д⊂ 
実家でおにぎりを作ってもらい夜はまた避難所へ戻る。避難所はなんか安心するんだもんw

3月14日 援助物資が届き始めたらしく急に食料事情はよくなって 朝からクリームデニッシュ・いちご食パン・シュークリーム・みかん
避難所周辺から電気も戻りつつあり、避難所のメンバーも変化。近所の人たちではなく津波の被害があった地区の人たちだったのかな?
昼は自宅に戻りマンションの炊き出しのやきそば。美味しかったー!水も電気もきてないのに自宅に残ってる人が多くてビックリ。
電気がきていないので掃除も出来ず結局夜はまた市民センターへ。ラーメン・ちくわ・シュークリームの夕飯。シュークリームは3連ちゃんだったらしい(;´Д`)ノ
b0197098_10472240.jpg
シュークリーム(?)
b0197098_10472575.jpg
マダムシンコのバームクーヘン いつか食べてみたいなあと思ってたお菓子をこんな形で頂くことになるとは。関西方面からと思われるお菓子が多かったように思います。ほんとうにありがとうございました。



3月15日 朝食 デニッシュ・みかん・暖かいお茶など 
朝起きて自宅に戻り・・・戻っても何もすることがないの繰り返し。ベランダから見える仙台港や荒浜方面を眺めると滅入るばかり。自宅マンションの配給を受け取ったり。とっても豪華で驚く。(バームクーヘン・ヨーグルト・食パン・コーラ・チーズ)
電気も水も来ないので片付けは諦めて実家へ避難することに決定。水道・電気が復旧していたのでポットのお湯で髪を洗ったり体を流したり。気持ちよかった。気持ちよかったけど自分の不潔っぷりあたしはあまり気にならず(ヾ(`д´)ォィォィ)それよりも日に日に悪化してたと思われる市民センターでのちびっこたちの風邪蔓延っぷりの方が怖かった。
それぞれ毛布・布団など持ち込んでいたので寒さはもうなかったけど夜中咳き込んで吐いてる子が何人かいて可哀想だったけど寝ている最中もマスクははずせなかった。元気になってるといいけど。



4月1日 実家と自宅を行ったり来たり。自宅にはまだガスが来ていないのでお風呂を借りに・・・ついでに母飯もヽ(´∀`)ノ
ガスはないけど東京の友達に卓上IHを送ってもらったので不自由なのはお風呂だけ!これくらいなんつーことない。
下水処理場が壊れてしまって汚水の処理が出来ないので節水!すでにマンホールから汚水が溢れているところもあるそうなのでお風呂に入れない=節水(?)で、いいのかも。

我が家から見える範囲でもお家が流されてしまったり大事な人をなくしてしまったり ほんの少しの距離なんだけどね。ものすごい大きな違い。海の方を眺めていると申し訳ない気持ちとか色々な感情が湧き上がってきて泣きたくなります。
カメラは常に持ち歩いていたんだけど、津波のあととか間近で実際に見ると写す気にはなれなかった。

亡くなられた方々のご冥福を深く深くお祈り申し上げます。
b0197098_10472854.jpg

[PR]
Top▲ | by today002g | 2011-04-01 10:24 | おもう
<< 2011/04/07 | ページトップ | 2011/03/30 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin